ソフトバンクロボティクス 「ロボットインテグレーター(RI)戦略」を発表 ~フロントランナーとして蓄積したデータ・知見・ネットワークを活用した新サービス~

日本

Oct 18, 2022

SoftBank Robotics Corp.

2022年10月18日
ソフトバンクロボティクス株式会社

ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀)は、2022年10月18日に「新プロダクト・戦略発表会」を開催し「ロボットインテグレーター(RI)」としてのビジネス戦略を発表しました。
内容の詳細は、発表資料(一部抜粋)をご参照ください。

■世界中のロボットやAI技術と人びとの暮らしやビジネスを結びつけ、 新たな価値を創造する「ロボットインテグレーター(RI)戦略」要旨
サービスロボットの世界市場規模は、2021年時点で2兆7,410億円、2030年には5兆7,628億円と2倍以上の成長が予測されています*1。さまざまな課題に直面する社会において、ロボットは単に「作る」フェーズから「様々なロボットからどう選び、どう組み合わせ、いかにその力を活かすか 」という新たな時代に突入しつつあります。 *1 富士経済株式会社「2022年版 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.2 業務・サービスロボット市場編」

当社は、サービスロボットの先駆者としての豊富な知見と膨大なロボット稼働データ、そして世界的なネットワークを持つ当社は、ロボットの導入を検討される事業者の皆さま、ロボットを開発するメーカーなどの皆さまへ総合的にサービスを展開する「ロボットインテグレーター(RI)」としてのビジネスを展開いたします。

「ロボットインテグレーター」として展開する3つのサービス
1. 導入事業者向け:ロボット導入のコンサルティング&アウトソーシング
2. メーカー向け:新たなサービス・ロボットの開発・量産・保守サポート
3. 世界のロボットビジネスの最適化を促進する独自データプラットフォームの立ち上げ

1. ロボット導入のコンサルティング&アウトソーシング
ー膨大な知見とデータ、ネットワークで、あらゆる業界のDXを推進

さまざまな課題に直面する事業者の皆様に、当社が有する知見と膨大なロボット稼働データ・世界的なネットワークと共に、ロボット・AI等の最先端テクノロジーによる最適なソリューションを提案し、導入をサポートします。

オフィス清掃でのDX提案の事例

また、スマート清掃事業を展開する「SmartBX」など、当社のグループ会社やネットワークを通じ、業務全体のアウトソーシングの提案も行います。

アウトソーシングによる施設清掃のDX化 事例

SmartBX社が展開するコンシェルジュサービス「オンデマンド清掃支援サービス」について

2. サービス・ロボットの開発・量産・保守サポート
膨大なデータと知見、幅広いネットワークを活用した「Robot Support Service」

業務用屋内サービスロボットの世界売上No.1*2としての当社の知見とデータ、世界的なネットワークを活用し、ロボットを開発するディベロッパー/メーカーの皆さまに対して、企画、開発、量産、品質管理、保守・サポートまで幅広いサービスを提供します。さまざまな課題に直面されているロボットディベロッパー/メーカーさまをサポートし、ロボット業界全体の活性化を推進いたします。

*2 2022年4月時点。(Grand View Research社調べ) https://www.softbankrobotics.com/jp/news/press/20220510a/

3. 複数ロボットやIoTセンサー等の連携、効率化を促進するデータプラットフォーム
「SoftBank Robotics Universal Data Platform」

単独のロボットの稼働から、複数ロボットやセンサーを組み合わせて最適化することがあたりまえの時代が到来し、多様な製品群の一元的な管理・運用が必須となりつつあります。そのニーズに応えるために開発されたデータプラットフォーム「SoftBank Robotics Universal Data Platform」は、当社が有する膨大な蓄積データを活用し、導入済みロボットの運用効率化のみならず、導入検討中のお客さまへのソリューションのご提案、ロボットメーカーさまの開発・量産・保守サポートなどを推進してまいります。

■ソフトバンクロボティクス株式会社について
ロボットソリューションのフロントランナーとして2014年いち早く人型ロボット「Pepper」を発表、さらに清掃ロボット「Whiz」、配膳・運搬ロボット「Servi」を開発・販売開始し、床洗浄ロボット「Sucrubber 50」、配膳ロボット「Keenbot」などさまざまな製品の取り扱いも開始。現在では、世界10カ国、21拠点を構え、製品は70カ国以上で活躍。豊富な経験、膨大な稼働データ、世界的ネットワークを活用し、「ロボットインテグレーター(RI)」として、様々なロボットが生き生きと活躍し、人とロボットが共生する社会の実現に向けて邁進していきます。