「Pepper PARLOR」でしか味わえないメニューの提供や
オリジナルグッズを販売

2019年11月5日
ソフトバンクロボティクス株式会社

ソフトバンクロボティクス株式会社(以下「ソフトバンクロボティクス」)は、「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」で提供するメニューやオリジナルグッズなどの詳細をご紹介します。「Pepper PARLOR」は、渋谷の新たなランドマークとして2019年12月5日に開業する商業施設「東急プラザ渋谷」内にオープンします。

メニューについて

メニューは「世界を旅するグルメ&スイーツワッフル」をコンセプトに、アメリカ・ニューヨークの三ツ星レストラン「Jean-Georges」本店で日本人初のスー・シェフに抜てきされた米澤文雄氏が考案。世界各国の料理とワッフルを組み合わせた「Pepper PARLOR」でしか味わえない創造的なメニューを提供します。また、さまざまなお客さまに楽しんでいただけるように、ビーガンメニューなどもご用意します。

(メニューの一例)

フランス産フォアグラのシルキームース自家製グラノーラ添え
滑らかなフォアグラのムースに自家製グラノーラを加えた、当店名物のプレミアムな一皿。フォアグラムースのリッチな味わいが広がります。


白玉とラズベリーの粒あんバター
もっちり白玉、粒あんとラズベリーの甘味と酸味のコントラストが癖になる、新しい和スイーツ。白玉のホワイトと、ラズベリーの赤が彩り豊かで見た目にも美味しい一品です。

The Premium Coffeeについて

バリスタやマシン、豆の全てにこだわり尽くした一杯を提供するコーヒースタンド「The Premium Coffee」を、「Pepper PARLOR」内に展開します。コーヒーは「すべてのコーヒーをおいしくする」ことをミッションとするミカフェート社の高品質なコーヒー豆を採用し、コーヒークリエイターの中川亮太氏が「Pepper PARLOR Premium Blend」として、シーズンごとに作り上げます。コーヒーを入れるマシンにはNASAのロボットエンジニアとロボット技術者が共同開発した「Poursteady(ポアステディ)」(メリタジャパン社)を採用。注ぎ、蒸らしなどは中川氏の匠の技をプログラミング化し完全に再現しているため、いつでも最高の技術で入れた上質なコーヒーをお楽しみいただけます。

オリジナルグッズについて

「世界を旅するPepper」をコンセプトに、人気イラストレーター松本セイジ氏のオリジナルイラスト入りマグカップやTシャツなどを販売します。また、渋谷のショコラティエ「ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ」とコラボレーションしたチョコレートや「The Premium Coffee」で提供する「Pepper PARLOR Premium Blend」のコーヒー豆も販売します。さらに、「Pepper PARLORこだわりのNIPPONモノづくり」をテーマに“日本のモノづくり”として語りたくなるような逸品に、「Pepper PARLOR」のロゴをデザインしたオリジナルのキーホルダーやハンカチ、ノート、トートバッグなども取り扱います。

(オリジナルグッズの一例)

ロボットについて

「Pepper PARLOR」では、「Pepper」をはじめとするさまざまなロボットが店内のあらゆるシーンで活躍します。スタッフとして人と共に働くと同時に、お客さまに新しいエンターテインメントを提供します。ソフトバンクロボティクスが目指す“人とロボットの共生”を気軽に体感し、ロボットの進化、ロボットと暮らす未来を楽しんでいただける空間を目指しています。


Pepper
注文のお手伝いはもちろん、お客さまと相席して一緒に遊んだり、記念写真で盛り上げたり、店内のさまざまなところで新しくて楽しいロボット体験を提供します。


NAO
メニューのコンセプトに合わせ、世界のさまざまな国をイメージした繊細で一糸乱れぬダンスを披露。また、特定の時間にしか見られないレアなパフォーマンスもあります。


Whiz
AI清掃ロボット「Whiz」が自動運転技術を活用して、営業前に「Pepper PARLOR」の床を毎日きれいに清掃します。お客さまに見えないところでもロボットが活躍します。

空間について

森田恭通氏のデザインによって、ロボットと自然を共存させた緑豊かで心地よい空間をイメージしています。また、店内は「ウッド」や「ストーン」、「グリーン」、「メタル」、「土」など、自然をモチーフとした天然素材を使用し、ランダムな配置のドライモスを用いたペンダントライトが森林浴のような気持ち良さを演出しています。さらに、モーブピンクやパープル、ブルー、グレーなどのカラフルなファブリックのオリジナル家具が生むリズムが上質なラウンジ空間を演出しています。その他、左官職人の久住有生氏と創り上げた土壁と、グリーンアーティストの尾藤祐子氏が制作した緑の装飾も見どころです。

店内イメージ

■「Pepper PARLOR」について

「Pepper PARLOR」には、ブランディングプロデューサーの柴田陽子氏やデザイナーの森田恭通氏、Jean-Georges本店で日本人初のスー・シェフに抜てきされた米澤文雄氏、左官職人の久住有生氏、グリーンアーティストの尾藤祐子氏など、国内外で活躍する著名なスペシャリストたちが参画。ロボットのプランニングは、ソフトバンクロボティクスの蓮実一隆が担当しています。「大人をたのしめる渋谷へ」をコンセプトに、都会的な成熟した大人たちをターゲットに新しいライフスタイルを発信する商業施設「東急プラザ渋谷」。そのコンセプトを象徴し、「上質さ」と「未来感」を体感していただけます。


■店舗概要

店名:Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)
業態:カフェラウンジ
席数:全162席
営業時間:午前10時~午後9時(ラストオーダー 午後8時30分)
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷 5階
ウェブサイト:https://www.pepperparlor.com

■スペシャリストのプロフィール


一覧へ戻る

ページTOPへ