資料請求

科学的に証明された
たしかな清掃技術

吸塵率
最大1.6倍向上!
清掃性能アップ

全面清掃によって隅々まで清掃。床には細菌やウイルス、隠れダストがいっぱい。全面清掃によって隅々まで清掃し、床面に残存しているホコリに付着している細菌やウイルスも除去します。

新型コロナウイルス含む、
さらなる徹底除菌の実現

なるほど!

ウイルスは、床面にもたくさんいる。Whizは、新型コロナウイルスの除去にも効果があることが実証されました。

なるほど!

徹底清掃による除菌

人の手とロボットは何が違う? スポット清掃 人の目には見える汚れを優先的に清掃 均一な全面清掃 Whizは高い品質で正確に全面を清掃
こんなに違う!清掃ムラの差 清掃前 ブラックライト照射によりカーペットに撒いた蛍光粉体を可視化 60%清掃 人の手だと60パーセントほどしか清掃が出来ない結果に 90%清掃 Whizなら清掃ムラが少なく均一に清掃 ※環境アレルゲンinfo and care株式会社調べ「隠れダスト」に見立てた蛍光粉体を撒き、ブラックライトを照射した環境実験で、人の清掃とWhizの清掃効果を比較した実験環境。

全面清掃によって隅々まで清掃。床には細菌やウイルス、隠れダストがいっぱい。全面清掃によって隅々まで清掃し、床面に残存しているホコリに付着している細菌やウイルスも除去します。

人の手とロボットは何が違う? スポット清掃 人の目には見える汚れを優先的に清掃 均一な全面清掃 Whizは高い品質で正確に全面を清掃
こんなに違う!清掃ムラの差 清掃前 ブラックライト照射によりカーペットに撒いた蛍光粉体を可視化 60%清掃 人の手だと60パーセントほどしか清掃が出来ない結果に 90%清掃 Whizなら清掃ムラが少なく均一に清掃 ※環境アレルゲンinfo and care株式会社調べ「隠れダスト」に見立てた蛍光粉体を撒き、ブラックライトを照射した環境実験で、人の清掃とWhizの清掃効果を比較した実験環境。

空間浮遊菌量削減

1/5に減少

空気中に存在する見えない浮遊菌の原因の多くは、清掃では取り切れない床の「隠れダスト」が空気中に舞う事によって発生します。「Whiz」による全面清掃で効率的に除去し、床を清潔に保つ事で、室内空間も清浄に保つことができることが分かりました。
※従来製品による実証実験結果

1/5に減少

オプション

徹底除菌を更に強化!

数多くの導入実績から導き出された「除菌ソリューション」は、施設清潔度を科学的に見える化し、効率的な清掃プロセスを構築。さらには、Whizと薬剤消毒を組み合わせることにより、床と同時に壁やドアノブなどの消毒作業も可能にします。

新型コロナウイルス量の
削減を実証

ソフトバンクロボティクスは、Whizによる新型コロナウイルス量の削減効果を調査するため、第三者環境評価を行いました。東京都江戸川区江戸川保健所の協力の下、新型コロナウイルス感染症軽症患者の受け入れを行っている施設で、認定特定非営利活動法人バイオメディカルサイエンス研究会に実施いただきました。
Whizの清掃前後で、床面の細菌量は大幅に減少し、新型コロナウイルスもPCR検査でわずかに検出されたものの、同じく大幅に減少することが実証されました。この結果は人が歩くことで細菌やウイルスが飛散しやすい床面の清掃でWhizの効果が確認されたことになります。

「汚れ」を数値化し、
清掃能力を科学的に検証

ウイルスは人の目で見ることはできません。そのため、アフターコロナの施設清掃においては、見た目だけの綺麗さだけでなく、「綺麗であること」が科学的に数値で証明されることが求められるのではないでしょうか。

そこでソフトバンクロボティクスは、「アフターコロナの施設清掃基準=施設清掃のニュー・ノーマルの実現」を目指し、まず「汚さ」「綺麗さ」の数値化の方法を確立した上で、「Whiz」の清掃能力を科学的に検証しました。

特徴

かんたん清掃

清掃ルートを作成(ティーチング)

清掃ルートを作成(ティーチング)

1. スタート地点にホームロケーションコードを設置します。
2. 清掃したいルートを手押しでティーチングします。

清掃ルートを自動走行

清掃ルートを自動走行

2回目以降はスタートボタンを押すだけで記憶したルートを自律走行します。複数ルートの記憶も可能です。

優秀なAI

センサーが障害物を検知して常に変わり続ける環境に対応します。

壁際まで清掃可能

壁際まで清掃可能

障害物を回避

動作を検知し一時停止

複数のセンサーで走行ルート上の障害物や段差、人の動きを検知し、状況に応じた回避や一時停止を行います。

最高ランクの清掃効率

最大約3時間の長時間運転で約1,500m2をカバー、更にバッテリー交換をすればより広い規模の清掃現場にも対応します。高精度のセンサーで壁際までしっかり清掃してくれます。

かんたん管理

Whiz Connectで管理もかんたん。現場から離れたところでも確認できます。

お知らせブザーに通知

Whiz Connect

管理アプリケーションであるWhiz connectは、複数のWhizもかんたんに遠隔管理できます。
緊急停止時や走行不能時はお知らせブザーやアプリに通知します。




使い方が広がる!便利な機能も

1

スマートルート作成

清掃エリアマップ作成時に、外周ルートを設定し、内側の清掃ルートを自動で生成することが可能です。ティーチングを短時間かつ簡単に行うことができます。(※10m×100mまでが上限)

清掃エリアを囲むように手動で走行します。

AIでルートを作成し全面清掃します。

2

複数ルート選択

ホームロケーションごとに6ルート作成できますが、さらにそれを組み合わせる機能が登場。複数ルートを選択して、より効率的に自律清掃することが可能に。

3

タイマー機能

清掃開始の時間指定、自動稼働が可能です。

4

ダストセンサーによる通知機能

「Whiz i」には、床の汚染度を測定するダストセンサーが搭載されています。
今後、汚染度データをクラウド経由でお知らせする機能をご提供予定です。

(※提供開始時点の「Whiz i」では、ダストセンサーを使用することはできません。 本ダストセンサーを用いた機能は現在開発中で、将来的にOSをアップデートすることでご使用いただける予定です。)

注)製品の機能は予告なく変更する可能性があります。

導入実績

世界中で10,000台以上! Whizを提供開始した2019年5月から2020年6月末までの累計販売台数
総清掃距離 地球8.5周分! Whizが清掃した合計距離

日本での導入実績

  • アイリスオーヤマ
  • GLOBESHIP
  • ホテル京阪
  • xymax
  • サンドラッグ
  • ジョーンズ ラング ラサール
  • トヨタ紡績
  • DMM.com
  • Paloma
  • 阪急阪神クリーンサービス
  • ピーアーク
  • FUJITA KANKO
  • マルハン
  • 三菱地所
  • りそなグループ
  • 早稲田大学

受賞歴

全世界で認められています!

ISSA イノベーション・アワード受賞 ビルクリーニング・メンテナンス関連企業で構成される国際的な協会から評価されイノベーション・アワード部門賞を受賞しました。
グッドデザイン賞 2019 AI化で業務用製品の進化が期待されている中、いち早く実用的なAI製品を提案している点が評価されグッドデザイン賞を受賞しました。
イノベーション・アワード部門賞を受賞しました。
SILVER Winner 2020 Edition Award イノベーティブな製品、サービス、ビジネス構成される「エジソン賞」にて、電子情報技術部門で銀賞を受賞しました。

※本受賞歴は「Whiz」の受賞内容です。

床に潜んだ
「隠れダスト」

床清掃は侮れない。
細菌も、ウイルスも、カビも潜んでいる。

※隠れダストとはソフトバンクロボティクス株式会社が環境アレルゲンinfo and care株式会社との共同調査を元に独自に定義したものです。

人の手では取り切れていない
「隠れダスト」は、
日常生活で舞い上がってくる?

舞い上がりのイメージ

カーペットなどに潜んでいる隠れダストは歩行中に舞い上がりやすく、空気中に飛散している場合があります。

人が清掃した場合

人の手による清掃では、隠れダストは舞い上がりやすいです。

Whizが清掃した場合

Whizでは人に比べて舞い上がりを少なく清掃できます。

AI清掃ロボット「Whiz」について

AI清掃ロボット Whiz

「Whiz」は、主にカーペットなどの床清掃を目的とする自律走行が可能な乾式バキュームクリーナーのAI清掃ロボットです。
清掃業界では、採用難や高年齢化により、厳しい人材不足という課題に直面しています。自動運転技術を活用し、Whizが自律的に清掃を行うことで、人とロボットが協働し、社会的課題を解決していきます。

「Whiz」は、先進性や知性をイメージさせる「達人、エキスパート」、素早さをイメージさせる「風を切って走る」という意味だけでなく、近しい響きをもつ「with」の「人と共に」という意味が込められ、人と協働することを目的に造られたロボットです。

ページTOPへ