iotチャレンジ iotチャレンジ

IoTチャレンジ

ソフトバンク株式会社が、Pepper 社会貢献プログラムの参加校※1に対し提供する、Pepperとmicro:bit※2を連携したプログラミング教育プログラムです。micro:bitの特長である拡張性ある「センサー」の機能とPepperを組み合わせることで、単体のプログラミング教材では実現しえなかった、より創造的なプログラミング学習を実現します。もちろん、micro:bit単体のプログラミングも可能です。

Pepper 社会貢献プログラムに参加する約100校が、「IoTチャレンジ」も導入予定です。

※1 「Pepper 社会貢献プログラム」および「Pepper 社会貢献プログラム2」の小中学校が対象です。
※2 「micro:bit」はmicro:bit教育財団の商標です。

Pepper社会貢献プログラムに参加していない学校は、IoTチャレンジの対象になりません。

iotチャレンジ概要

IoTチャレンジの特徴


iotチャレンジイメージ

プログラミングを直観的に学べるICT視点のものづくり

提供されたmicro:bitは、教育目的で開発された世界的なビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」をベースに開発したプログラミングツール「Make code」に対応してします。micro:bit本体だけでなく、追加のセンサーを始めとした拡張教材も提供することで、さまざまなプログラミング結果を、実物のハードウェアで直ぐに体験できるICT視点のものづくり環境を提供します。

プログラミングを直観的に学べるICT視点のものづくり

Pepperとmicro:bitのセンサーを組み合わせることで無限の可能性が!

話したり動いたりするPepperと、さまざまなセンサー(人や物の動きの検知、温度の測定、ボタンやスイッチのON/OFF判断など)を組み合わせて機能拡張したmicro:bitを連携させることで、単体のプログラミング教材ではなしえなかった、ものとものを繋げてのさまざまなプログラミングの可能性が生まれます。

Pepperとmicro:bitのセンサーを組み合わせることで無限の可能性が!

micro:bitとは


マイクロビット

micro:bitは、プログラミングして操れる小さなコンピューターです。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、加速度センサーと磁力センサー、無線通信機能がついています。また、拡張キットを利用すると、光センサーや温度・湿度センサー、音量測定センサーなど、さまざまなセンシングが可能になります。

生徒

イギリスでは、小学5・6年生約100万人に無償配布されています。イギリスでは2016年に、micro:bitが全小学5・6年生約100万人に無償配布されました。micro:bitは小学生でも簡単にプログラミングできるように構成されており、ソフトバンクグループのグループ企業であるARM社のプロセッサも搭載されています。

ARMとは


ARMのプロセッサー・デザインは、ほぼ全てのスマートフォンのメインチップに組み込まれていることで知られています。ARMの高性能かつ省電力のプロセッサー・デザインは、2017年度にパートナーから出荷された210億個以上のチップに組み込まれており、インテリジェント・コンピューティングを可能にします。デジタルテレビからブレーキシステム、スマートセンサー、クラウドを支えるデータセンターまで、さまざまなデジタル機器がARMの技術を使用しています。
アームのテクノロジーを含んだチップはすでに1,300億以上のデバイスに搭載されています。IoTによりこの数が急速に拡大し、1兆個のデバイスがつながるグローバルネットワークへと成長することが見込まれます。

ページTOPへ