「世界の技術で 物流を最適に」
ソフトバンクロボティクス、AI・ロボット技術を活用した物流自動化事業を開始
~物流自動化ソリューション体験施設を千葉県市川市にオープン~

2022年9月12日
ソフトバンクロボティクス株式会社

ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀)は、当社が持つネットワークと、物流に関わる世界中のさまざまなAI・ロボット技術を活用して物流の最適化を提案する物流自動化事業を開始します。これに伴い、当社が提案するさまざまな物流自動化ソリューションを体験できる施設「SoftBank Robotics Logistics Innovation Lab」を2022年9月13日に千葉県市川市にオープンします(「第15回国際物流総合展2022」の当社出展ブースにおいて、来場予約を先行して受付)。

SoftBank Robotics Logistics Innovation Lab

EC市場の拡大による物流への負荷の増大、エネルギー価格の高騰によるコスト増など、近年、物流業界はさまざまな課題に直面しています。このような状況で、運送から倉庫事業まで、あらゆる局面での適正化と効率化が求められ、AIやロボット技術の導入による自動化への注目は日々高まっています。日本の次世代物流システム・サービス市場は2021年時点で6,282億円とも言われており、2028年には9,627億円(年平均成長率8.9%)まで成長するとも予測されています*。

このたび、当社が提供する物流自動化事業は「世界の技術で 物流を最適に」をコンセプトに、お客さまの課題、ご要望に応じて世界の先端技術を活用した自動化ソリューションを提案する事業です。

■ソフトバンクロボティクスが紹介する物流自動化ソリューション例
・保管~ピッキングの効率化:
 高密度自動倉庫システム「AutoStore (オートストア)」
・ピッキング~検品の効率化:
 デジタル情報で業務をサポートするスマートグラス「Picavi(ピカビ)」(AutoStore連動)<日本初導入>
・荷積み・荷下ろし作業の効率化:
 パレタイジング、デパレタイジングロボット「XYZ Robotics」<日本初の販売連携>
・入荷作業、入出荷検品、棚卸の効率化:
 入荷検品・棚卸・出荷検品工程の自動化をアシストする「RFID」 (AutoStore連動)
・ピッキング~仕分け~出荷検品の効率化:
 正確かつ高速なピッキング・仕分けを実現する次世代型ロボットソーター「t-Sort」(AutoStore連動)
 正確な仕分けを省スペースで行いエルゴノミクス(人間工学)を活用して人と機械に最適なオペレーションを実現するシャッターアソートシステム「SAS」(AutoStore連動)
・倉庫内清掃業務の効率化:
 清掃ロボット「Scrubber50(スクラバーフィフティ)」、「Whiz i(ウィズ アイ)」
・倉庫内の運搬業務の効率化:
 人や障害物を柔軟によけながら搬送を行う運搬ロボット「Keenbot(キーンボット)」

また9月13日よりオープンする「SoftBank Robotics Logistics Innovation Lab(ソフトバンクロボティクス ロジスティクス イノベーション ラボ)」では、これらのソリューションを体験することが可能です、今後も新たなソリューションを導入していく予定です。

このたびの事業開始と施設オープンにあたり、ソフトバンクロボティクスの常務執行役員兼ロジスティクス事業本部長の坂田大は次のように述べています。「私たちは、人とロボットが共生する社会の実現に向け、さまざまなソリューションの提供を行なってきました。ソフトバンクグループがこれまで培ってきた物流業界のノウハウと、AI、ロボット技術における知見、そして世界中のパートナーの素晴らしい技術をインテグレートし、さまざまな事業背景や課題を抱えるお客さまにとって唯一無二の最適化ソリューションをご提案してまいります」
* 株式会社富士経済「2022 年 版 次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望」より

■ソフトバンクロボティクス 物流自動化ソリューションについて
https://www.softbankrobotics.com/jp/product/logistics/

■物流自動化ソリューション体験施設「SoftBank Robotics Logistics Innovation Lab」
千葉県市川市に9月13日にオープンする物流自動化ソリューション体験施設。広さ約1,000㎡の施設内にて高密度自動倉庫「AutoStore(オートストア)」をはじめ、ソフトバンクロボティクスが提案する世界の最新ソリューションの見学、体験が可能です(要予約)。
・所在地
 千葉県市川市二俣678-55 ESR市川ディストリビューションセンター内
・ご予約方法
 9月13日〜16日 「第15回国際物流総合展」の当社ブース(下記参照)
 9月20日〜 オンライン受付開始
 URL:https://www.softbankrobotics.com/jp/event/lil/

(展示いただいているパートナー企業様例)
株式会社アイオイ・システム、株式会社アスタリスク、アルテック株式会社、株式会社サイエンスアーツ、株式会社souco、東芝テック株式会社、トーシン物流機器株式会社、日本スキャンディット合同会社、日本製紙ユニテック株式会社、株式会社Hacobu、プラスオートメーション株式会社、MagicalMove株式会社、Mee Truck株式会社、ラピュタロボティクス株式会社、Ranpak(ランパック)株式会社、株式会社YEデジタル、AutoStore Holdings Ltd.、Picavi GmbH、XYZ Robotics Inc.
※展示企業様は今後も適宜追加となる予定です。また展示を希望される企業様からのお問い合わせも受け付けております。
※当施設は物流倉庫の自動化を検討中の法人のお客さまに向けた展示・体験施設となり、一般には公開しておりませんのであらかじめご了承ください。当社が競合と判断した企業さまからのお申し込みについてはお断りする場合があります

第15回国際物流総合展2022 Logis-Tech Tokyo 2022
最新の物流システム機器や情報システム、サービス等ハードとソフトが集結し、国内外のロジスティクス関係者が一堂に会するアジア最大級の展示会として開催されます。
開催日時:2022年9月13日(火)~16日(金) 午前10時~午後5時
会場:東京ビッグサイト 東1〜8ホール
ソフトバンクロボティクス 展示ブース:東2ホール・2-307
当社イベント出展特設ページ:https://www.softbankrobotics.com/jp/event/logis-tech-tokyo2022/

ページTOPへ