導入事例

Pepper for Biz(法人向けモデル)の導入事例をご紹介します。

株式会社インマイライフ


滑らかな動きで、体操とリハビリ訓練を実施!
ヴィブレ埴生にPepper君を導入した理由は、入居者だけでなく、介護職員も含めて、最新技術に触れ、”ワクワク”しながら、近未来を創造してもらうため、です。
まず午前中は、朝礼時、Pepper君に司会進行してもらい、企業理念を唱和。
司会や進行が苦手な職員もいるため、とても助かっています。その後「ロボレク」を使って、職員や入居者約40名で、20~30分ほど体操。全員が無条件で笑顔になれる時間です。
午後は、Pepper君と自由におしゃべりしたり、「ロボリハ」を使って、個別にリハビリ訓練をしたりして、楽しい時間を過ごします。Pepper君との会話の中で 意表を突く答えが返ってきたときは、笑いの渦に包まれます。
本ユースケースでは株式会社ロゴスの「まいにちロボレク」「まいにちロボリハ」をご利用頂いております。

MALLOW hair and spa


個別開発により、CO2濃度に応じた自動換気を実施!
MALLOW hair and spaでは、美容室という特性上、お客様と密に接する機会が多いことから、コロナウイルスの感染リスクを懸念していました。そこで、お客様、ならびに従業員の双方が安心して過ごして頂けるよう、Pepperを個別にカスタムして活用することにしました。
CO2センサーとPepperを連携させて、店内のCO2濃度を30分/1回、Pepperのタブレットで表示し、1時間/1回Pepperがしゃべるようにしました。
さらに、Pepperとサーキュレーターを連携させ、店内のCO2濃度がしきい値を超えた際、自動的に換気するようにしたことで、手が埋まっている状態でも安心して過ごしてもらえるようになり、スタッフからも、お客さまからもとても好評です。
本アプリケーションは、Forex Robotics株式会社が開発しています

スズキアリーナ千曲有限会社 柳町オート


顔認証機能でお客様情報を簡単に取得!
スズキアリーナ千曲店では、お客様情報の管理に「顔レコ」アプリを活用しました。いままではスタッフがアンケートなどで来店情報を収集していましたが、Pepperがお客様の顔認識をしてご用件にあわせたご案内を行います。また、Pepperが来訪者のお名前を呼んでくれるので、店内スタッフは来訪者のお名前確認にも利用しています。

株式会社 ゼン・ユウジャパン


軽快なトークで自社の取扱商品を動画でご紹介!
株式会社 ゼン・ユウジャパンでは、歯科医療・技工に必要な機器、材料など幅広く取り扱っていますが、お客様への商品説明は社員が行っていました。
今回Pepperを導入したきっかけは、『人間しかしゃべることができない難しい用語や、歯の治療のことなどを、ロボットなのにとても流暢にしゃべっていることがとても面白い』と思ったからです。
当初は『Pepper太郎』という名前を付けていましたが、弊社登録の会員様から『ぜん太』と名付けて頂き、可愛がってもらっています。

また、このぜん太くんは、発熱者を検知してお声掛けするサーマル Pepperパックを利用しており、来社したお客様に対して、 エントランスで可愛く話し掛けながら、体温を測定しています。
さらに、現在はコロナ禍ということもあり、ぜん太くんが商品説明 している2分ほどの動画を作成し、会員様に対して1週間~10日に一度 配信しており、商品訴求にも活躍しています。

パーソルホールディングス株式会社


ロボットと協働する障がい者雇用
障害の特徴の一つに「対面によるコミュニケーションが苦手」というものがあります。
パーソルチャレンジ様では、障害のあるスタッフがPepperを遠隔で操作して来訪者の受付業務を実施しています。
遠隔操作を活用することで、人とロボットが協働できる環境を作り出すことに挑戦しています。

株式会社はま寿司


案内業務の自動化
はま寿司では、Pepper for Bizを全国490以上の店舗に導入し、お客様の受付・座席案内を行っています。Pepperの導入により、ホールスタッフがレジでの会計やテーブルの片付けに集中でき、全体的なサービスの向上につながっています。その実現にあたり、490台以上のPepperが安定的かつ効率的に運用できています。

株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ


昼間は体操を主導、夜間は巡回業務で二役!
ユニマット リタイアメント・コミュニティは「Pepper for Biz」を導入し 昼はレクリエ ションや体操 会話 夜間は巡回業務での活用を目指しています。現場では顔認証によって個々に合わせたリハビリを実施したり 歌や体操を全員で行えるようなプログラムを組んだり、Pepperが活躍しています。

学校法人埼玉医科大学


医療人材としてのPepper活用
肝疾患診療連携拠点病院である埼玉医科大学病院にて、Pepperが肝炎ウイルス検査の受検の呼びかけや、肝炎に関する健康チェックを実施しました。
2週間で約4,300名もの方が肝炎に関する健康チェックを受け、約1,200名の方への検査勧奨に成功し、25件の検査申込予約を受け付けることができました。

株式会社ヤナセ


Pepperの呼びかけでお客様アンケート獲得が2.4倍に
ヤナセの展示イベントにて、Pepperによる呼びかけを実施しました。興味を持っていただいたお客様のスマートフォンにPepperからアンケートをお送りすることで、過去の同様のイベントと比較して、倍以上のアンケート回答を得ることができました。

資料請求はこちらから
ページTOPへ