ニューノーマル時代の施設清掃では、清潔度がより一層求められています。
深刻な人手不足の清掃業界にとって、変化する社会環境に対応した、持続可能な運用が喫緊の課題です。
“見た目がきれい”であれば一定の満足度が得られたものも、今では”目には見えない” ウィルス等の除菌対策などが必要とされています。
ソフトバンクロボティクスは、「科学的清掃技術xロボット」によってこの社会課題を解決するために「清掃ガイドライン」をまとめました。
専門機関や様々な施設を実際に運営する企業のご協力のもと、ニューノーマル時代の清掃に適したノウハウや清掃技術をご提供します。
少しでも安心できる安全な施設環境の提供の一助となることを願っております。

ニューノーマル時代の施設清掃では、清潔度がより一層求められています。

深刻な人手不足の清掃業界にとって、変化する社会環境に対応した、持続可能な運用が喫緊の課題です。 “見た目がきれい”であれば一定の満足度が得られたものも、今では”目には見えない” ウィルス等の除菌対策などが必要とされています。

ソフトバンクロボティクスは、「科学的清掃技術xロボット」によってこの社会課題を解決するために「清掃ガイドライン」をまとめました。 専門機関や様々な施設を実際に運営する企業のご協力のもと、ニューノーマル時代の清掃に適したノウハウや清掃技術をご提供します。

少しでも安心できる安全な施設環境の提供の一助となることを願っております。

ニューノーマル時代に
求められる清掃とは

ニューノーマル時代の社会において、誰もが安心して施設を利用するためには高いレベルの感染症対策が必要となります。
感染対策の基本は、発生する前段階から拡散や持ち出しの対策を取っておくこと。
本ガイドラインでは感染症対策における清掃・消毒の重要性ともに、ニューノーマル時代の清掃の考え方から具体的な実践方法に至るまで専門的な視点や実際の検証ノウハウを集約しました。
これらを実践することで、より安心して滞在いただける施設環境づくりを目指すことができると考えています。

3つの感染症対策

ニューノーマル時代の清掃の考え方

ガイドラインの基本要素

  • 汚染区域業務に関する基礎知識
  • ニューノーマルの施設清掃標準
  • 清掃オペレーション改善と施設清潔度診断
  • 日常清掃・消毒
  • AI清掃ロボット「Whiz」を用いた床清掃

ガイドライン一覧

ガイドライン名 協力団体・企業
AI清掃ロボット「Whiz」を活用した
“隔離施設向け清掃ガイドライン”
・公益社団法人日本ベストコントロール協会
・認定特定非営利活動法人バイオメディカルサイエンス研究会
・ホテルシーサイド江戸川
AI清掃ロボット「Whiz」を活用した
“介護施設向け清掃ガイドライン”
・公益財団法人国際医療財団
・公益社団法人日本ベストコントロール協会
・認定特定非営利活動法人バイオメディカルサイエンス研究会
・社会福祉法人葛飾会

監修

認定特定非営利活動法人
バイオメディカルサイエンス研究会

理事長 瀬島 俊介 氏

社会福祉法人葛飾会
特別養護老人ホーム かつしか苑亀有

施設長 林田 祐也 氏

よくあるご質問

すべて開く

Q1

清掃ガイドラインとは何でしょうか?

本ガイドラインは、感染症対策における清掃・消毒の重要性ともに、ニューノーマル時代の清掃の考え方、具体的な実践方法をまとめたものです。

Q2

誰向けに作成されたものでしょうか?

ニューノーマル時代において、誰もが安心して滞在できる施設を目指す施設管理者向けの内容になります。

Q3

本ガイドラインに従えば新型コロナに感染することはないでしょうか?

本ガイドラインに記載された内容を実践することで、施設での感染リスクを軽減することができますが、感染しないことを約束するものではありません。

Q4

自身の業種向けのガイドラインがないのですが、今後増える予定はありますか?

感染管理が重要視される業界を中心にガイドラインを拡張する予定です。

Q5

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室がまとめている業種ごとの感染拡大予防ガイドラインと何が違うのでしょうか?

各業界団体が発表しているガイドラインの多くが幅広く感染対策に関してまとめたものであるのに対し、本ガイドラインの特徴は感染症対策を盛り込んだ清掃方法について詳しく記載している点にあります。
ページTOPへ