dummy

経歴

2009年、電機メーカーに新卒入社。新規開拓営業、工場立ち上げなどの業務に従事。
総合電機メーカーを経て2018年にソフトバンクロボティクスに入社。
2018年に発表された『Whiz』をはじめとするBtoBモビリティロボット事業の営業・企画・推進を担当。


入社動機

入社動機   

前職の会社は保守的かつ伝統的なメーカーでした。自分自身の成長ができていないのではと感じることがあり、スピード感がありチャレンジングな社風の会社で活躍の場をひろげたいと思ったのがきっかけです。
事業内容としても、今後成長が見込まれるロボットやAIという分野に身を置くことで業界と共に個人も成長ができると考えていました。
転職活動においては、個人の成長を軸においていた為、ベンチャー企業かコンサル業界で迷っていましたが、ソフトバンクグループのチャレンジングな姿勢と先端分野への取り組みに魅力を感じ入社を決めました。


担当業務・入社してからの経験

入社してからの経験   

ソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資しているAIを活用した自律走行システム開発企業Brain Corporationの技術を利用した、モビリティ事業の推進が私の主な業務となります。具体的にはRS26 powered by BrainOSやWhizといったAI清掃ロボットの営業を担当しています。
営業といっても業務が多岐に渡り、単にお客様へアプローチをするだけではなく、販売推進するためのイベント企画立案や見込み顧客を獲得するためのPR動画の撮影対応、実証実験の提案など、営業の枠にとどまらず、利益を最大化する為に多くの施策を推進しています。
前職でも同様に営業を担当していましたが、自身が携わったことが記事になったり、メディアに注目されたりすると、ロボットやAIの注目度の違いを感じると共に、今までにはなかった達成感や喜びを得られています。
我々が取り組んでいる製品、サービスは、新しい分野に参入し、既存の業界を変えていくのものであるため、どんな環境に対しても臆せず、学ぶ気持ちをもって飛び込んでいける人が向いてると思います。


やりがい・会社の魅力

やりがい・会社の魅力   

私自身、清掃業界に関しては無知でしたが、人手不足という課題を抱えるお客様に対して、AIやロボットという新しい技術を用いて試行錯誤しながら課題解決をしています。清掃業界への新規参入者として、一から事業を立ち上げていくプロセスを身につける事が出来ると感じています。
また業界の変革者として、既存のやり方にとらわれず、新しい事業を築き上げていくことは、自分なりにも爽快に感じることができます。
そういうことをしたい、そういうことを身に着けたい、という人にはうってつけの環境がソフトバンクロボティクスには揃っていると思います。
また、ソフトバンク・ビジョン・ファンドはじめ、ソフトバンクグループが関与する最先端のテクノロジーを直接ビジネスとして携わる事が出来る事は、非常に貴重な機会だと考えています。日本の企業でこういった世界最先端の技術を身近に感じられるのは、ソフトバンクの他には出来ない大きな強みだと思います。

座右の銘

dummy

オフの過ごし方

体を動かすことが好きなので、定期的にジムに通ったり、ゴルフをしたりしています。
そのほか、友達が開いているバーに通ったり、友達の友達と繋がることができたりするのも楽しみです。
出張先でいろいろな美味しいものを食べることも好きですね。

インタビューへ戻る

ページTOPへ